{"prg_cd":"110874"}
{"prg_cd":"109708"}
{"prg_cd":"110909"}
{"prg_cd":"110698"}
{"prg_cd":"108965"}
{"prg_cd":"108119"}
{"prg_cd":"110009"}
{"prg_cd":"108912"}
{"prg_cd":"109480"}
{"prg_cd":"110635"}
{"prg_cd":"109425"}
{"prg_cd":"109920"}
{"prg_cd":"109627"}
{"prg_cd":"110810"}
{"prg_cd":"108862"}
{"prg_cd":"018520"}
{"prg_cd":"110349"}
{"prg_cd":"018245"}
{"prg_cd":"110439"}
{"prg_cd":"110845"}
{"prg_cd":"110145"}
{"prg_cd":"109845"}
{"prg_cd":"109624"}
{"prg_cd":"110449"}
{"prg_cd":"012033"}

映画
この愛のために撃て

この愛のために撃て

7/28(金)午前8:30

WOWOWシネマ 字幕版 5.1 PG12指定

何者かの陰謀劇に巻き込まれたごく平凡な主人公が、人質に取られた身重の愛妻を救い出すため必死で奔走するさまを、ノンストップで描いたフランス製サスペンスアクション。

無実の罪で投獄された愛妻を救おうと、捨て身の行動に打って出る主人公の姿を描いた「すべて彼女のために」でデビューし、一躍脚光を浴びたF・カヴァイエ監督が、前作に引き続いて、息詰まるノンストップサスペンス劇を構築。突如わが身に降り掛かった理不尽な状況の中、人質に取られた愛妻を救い出すため、必死で奔走する主人公を、G・ルルーシュが体当たりで熱演。出産間近の身重の妻を演じるのは、本作の後、ペドロ・アルモドバル監督の衝撃作「私が、生きる肌」でヒロインを演じたスペイン人女優のE・アナヤ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 121

何者かの陰謀劇に巻き込まれたごく平凡な主人公が、人質に取られた身重の愛妻を救い出すため必死で奔走するさまを、ノンストップで描いたフランス製サスペンスアクション。

パリ市内の病院で看護助手として働くサミュエル。出産間近の妻ナディアと慎ましくも平和な日々を送っていたある日、彼の家に謎の男たちが突如侵入し、殴られたサミュエルが昏倒する間にナディアは人質として連れ去られ、「彼女を殺されたくなければ、お前が勤める病院から、ある入院患者を連れ出してこい」とサミュエルは脅迫されるはめに。その要求に従って、入院中の重傷患者である凶悪犯サルテを必死で連れ出す彼だったが…。

作品データ

  • 原題/? bout portant
  • 制作年/2010
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/85分
  • ジャンル/アクション/冒険・サスペンス/ミステリー

出演

  • サミュエル/ジル・ルルーシュ
  • ナディア/エレナ・アナヤ
  • サルテ/ロシュディ・ゼム
  • ヴェルネール/ジェラール・ランヴァン
  • ファーブル/ミレーユ・ペリエ

スタッフ

  • 監督/フレッド・カヴァイエ
  • 製作/シリル・コルボー=ジュスタン
  • 製作/ジャン=バティスト・デュポン
  • 脚本/フレッド・カヴァイエ
  • 脚本/ギヨーム・ルマン
  • 撮影/アラン・デュプランティエ
  • 音楽/クラウス・バデルト
並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら

関連特集

ワールドシネマセレクション:フランス映画の宴2017

多様化が続くフランス映画界の“今”に迫る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの